mySNoset(切抜きシステム)のPhotoshopへの設定

Photoshop のスクリプトを、いちいちファイルメニューから選んでいたのでは、その恩恵を受けることはできません。
音声もコメントもない動画ですが、おおよその操作方法が確認できるのではないかと思います。

■ インストール

1.ダウンロード
インストールはmySNoset-[Download]から mySNoset.zip をダウンロードし解凍してください。

2.解凍したスクリプトソースの登録
拡張子が .jsx のファイルが4つあります。
これをPhotoshop のスクリプトフォルダーにコピーしてください。
PhotoshopCS2 ならば、C:\[所定のインストールフォルダー]\Adobe Photoshop CS2\プリセット\スクリプト
PhotoshopCC ならば、C:\Program Files\Adobe\Adobe Photoshop CC 2014\Presets\Scripts (64bitOSの場合)
となります。

3.スクリプトメニューの確認
Photoshop の再立ち上げで、[ファイル]-[スクリプト]に mySNoset、myScat、myCNoBakSe、myLNoBakSet、が登録されているはずです。

4.切抜き用元データと切抜き後データ保存フォルダーの用意
掲載動画では、昔の漢字辞書の一ページをサンプルとして掲載しました。
重要なポイントですが、切抜き後のJPEG画像の保存フォルダーを、切抜き用元データと同じフォルダーにサブフォルダーとして、フォルダー名を clips として作ることです。違う名前では保存ができずエラーを発生させます。
ただし、ソースの一部を書き換えることで、任意のフォルダーを指定することは可能です。

5.アクションにスクリプトを登録
動画を参考として、アクションを作成し、スクリプトを記録してください。同時に任意のファンクションキー[F1]~[F12]([Shift][Ctrl]を含む)にそれぞれのスクリプトを登録してください。

6.各スクリプトの使い方。

mySNoset.jsx [F3] //ファンクションキー設定例
ファイル名更新用スクリプト
1.切抜き用元画像を開いたとき、最初に実行します。
[TEXT]で始まるレイヤーを作成。レイヤー名を仮のナンバーリング変数として利用します。
2.[TEXT]レイヤーが作られていた場合、行が変わる時の、行番号更新として実行します。切抜き画像のカウントは1で更新され、行番号が1つ増えます。
myScat.jsx [F2]
1.選択範囲をコピーし、新たな画像を作成。ペーストして、JPEGデータとして保存します。
2.[TEXT]レイヤーでカウントされたファイル名で命名して保存します。
3.保存先は、切抜き用元画像のフォルダー下の clips フォルダーです。
4.実行時は[TEXT]レイヤーの行番号はそのままに、画像カウントを1つ増やします。
myCNoBakSe.jsx [Shift]+[F2]
1.間違えて切抜き処理(myScat.jsx 実行時)した場合、切抜き画像のカウントを一つ戻したい(-1)場合に処理します。行番号は変化しません。
myLNoBakSet.jsx [Shift]+[F3]
1.行を飛ばすなどの間違えた切抜き処理(myScat.jsx 実行時)した場合、行番号のカウントを一つ戻したい(-1)場合に処理します。画像カウント番号は1に設定されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。